非常用発電機の負荷試験について

消防法では発電機負荷試験(出力負荷確認点検)が義務付けられています。

総務省消防庁による通達では、「疑似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び 定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転 を行い確認する」と明記されています。

当社では、30%の負荷で消火活動に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを動かす為の運転状況や換気状況を試験致します。

省エネ事業