Generator

Load operation test
Association

O2S.ltd

発電機負荷運転点検

点検規定が改正

平成30年6月1日改正

《重要》

消防用設備等の

点検要領の一部改正

について(通知)!

消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票 の様式の一部を改正する件(平成 30 年消防庁告示第 12 号。以下「改正告示」と いう。)が平成 30 年6月1日に公布されました。 今回の改正は、実機での検証や現場での実態調査に基づく検討を踏まえ、非常 電源(自家発電設備)の点検方法を合理化する等の整備を行うものです。

発電機負荷運転点検まるわかり

 
発電機負荷
運転点検は? 

「発電機負荷試験」とは非常用発電機に負荷をかけて規定の性能が出せるかの確認試験です。

人命とライフラインを守る自家発電機の負荷点検は
ユーザー(設置者)の義務です

負荷運転
点検の費用

従来は、4tトラックに積み込むほどの大掛かりな装置を用いて、停電を伴う数時間の作業と、高額な費用が必要でしたが、負荷試験機を軽量コンパクト化することにより、工数・準備時間を大幅に短縮!無停電で作業できます。

30%以上の
負荷運転とは?

30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動が出来なくなる怖れがあるからです。

違反対象物の
公表制度

東日本大震災時に多くの非常用発電機が正常に稼動しなかった事例もあり、更に平成24年6月に両罰規定が強化されました。

負荷試験未実施の場合「防火対象物点検報告書が受理されません」自治体によっては「消防法違反対象施設として消防署ホームページに公表される」場合があります。

​H30年6月1日
​点検規定が改正

消防予第372号

平成30年6月1日

今回の改正は、実機での検証や現場での実態調査に基づく検討を踏まえ、非常 電源(自家発電設備)の点検方法を合理化する等の整備を行うものです。

よくある質問
​Q&A

a.消防法でも義務付けられているのに、負荷試験はなぜ浸透していないのですか?

a.負荷試験を行わなくても消防署は報告書を受理しているのだから、今更する必要はないのでは?

a.火災保険に加入しているし問題ないのでは?

etc・・・・

​非常時の対応に問題ありませんか?

非常時に発電機が動かなければ屋内消火栓もスプリンクラーも作動せず、いざと云った時に消火活動ができません !

GLA

発電機負荷運転点検連合会

人命とライフラインを守る自家発電機の負荷点検はユーザー(設置者)の義務です

 

© 2023 by ITG. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ

​お見積り・ご質問