30%以上の負荷運転とは?

発電機負荷試験(出力負荷運転点検)出力確認の点検方法は通達要領である

「30%以上の負荷運転」を推奨しております。

なぜ30%以上の負荷運転が必要なのか

月次点検等で行なっている無負荷(空ふかし)運転点検だけを行っていると、ディーゼルエンジン内にカーボンが堆積されます。
その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動が出来なくなる怖れがあるからです。

002.jpg

負荷試験機によるカーボン燃焼排出の点検

  1. 黒煙状態を見ながら、負荷を5% ~ 20%迄少しずつかけていく。

  2. 負荷を30%迄上げて、30分間運転状態を見る。

  3. 10%、20%、30%出力毎に、電圧、電流の測定を行う。

某浄水場で70%以上の負荷をかけたが、黒煙が止まらない為、一旦作業を中止した実例

SnapCrab_NoName_2018-8-19_16-53-22_No-00

負荷運転は、消防法で義務付けられておりますが、
30%以上の負荷運転は、 下記の点検要領となります。

▼下記のホームページでは負荷運転点検要領が確認出来ます。
総務省消防庁のホームページ

003-1w.png

*消防用設備等点検報告制度に係る留意事項等について(通知)

 (PDF)